最近話題のAmazon詐欺がいよいよ無視できないレベルになって来た!?

せどり Amazon 詐欺 せどりNews

最近amazonの詐欺に引っかかる人が急増中です。その手法が結構手が込んできたので、確認のために1度記事にしときますね〜。

最近amazonのセキュリティ問題が表面化してきた印象がありますので合わせて考えた方がいいですね

せどり Amazon 詐欺

詐欺の手口

今話題のamazon詐欺の手口はいたって単純です。

詐欺者はamazonの出品者として登録しています。

そして通常では考えられないような安値で販売するだけです。

超簡単に説明しましたが、彼らがやってることはこれだけです。

詐欺の目的

彼らの目的は利用者の住所、氏名、電話番号などの入手や支払い代金の奪取です。

通常より安すぎる値段に飛びついた利用者に対し、制裁とでもいうかのように詐欺ってきますので注意しましょう。

詐欺られることによる被害

では詐欺られることによる被害を考えて見ましょう。

以下にまとめると

 

•出品物の価格を無理やり下げられる
•金銭を騙し取られる
•住所、氏名、電話番号を悪用される
•最大の資産である時間と労力を盗み取られる

 

こんな感じです。
わたし的には上から順番に被害度が増すと考えています。

一番軽いのは、出品物の価格を下げられることでしょうか。これは出品者側被害となります。最低価格を自動追く尾するツールを使ってる方が被害に合うケースですね。クラシックミニとか500円で売られてるケースがありましたが、これに追尾しちゃうと大変です。

金銭も盗まれますね。正直盗まれるのはとてもムカつきますがこれだけで済むならまだ我慢できます。Amazonマケプレ保証申請をすれば戻って来ますしね。

しかし問題はこれだけではありません。それが次の住所、氏名、電話番号です。正直詐欺られたなら、金銭を盗まれるだけでは済まないと思った方がいいです。

私も自己発送で出品してるので分かりますが、購入されたら、もれなく購入者の住所、氏名、電話番号を確認することができます。この時点で悪意詐欺者に全ての情報を取られることになりますよね?

ここで怖いのは、詐欺ネットショップなどの店舗情報に不正利用されることです。現在ではネットショップなどを作るのは簡単です。ツールとか使ったらそれなりの立派なネットショップを作ることができます。そんなところの店舗情報に自分の住所氏名をなどを使われてみてください。詐欺ネットショップの利用者は店舗情報などから一定の信用を持って利用するでしょう。でも商品はこない。詐欺られたと感じた利用者は即座にあなたの電話番号や住所に連絡するでしょう。

朝から晩まで電話が鳴り止まず、内容証明郵便が届いたり、弁護士のお手紙が届いたりするんです。想像しただけで恐ろしい被害ですよね笑笑。それが英語だったりしたらもう最悪です。

最後に一番の被害は時間と労力を削り取られることでしょう。これは聡明なアナタならよくご存知の事だと思います。時間は最大の資産です。その資産を奪い取る輩には注意したいですね。

 

最も怖いのは、盗まれた個人情報をいろんな犯罪に利用されることだと考えていいと思います。

詐欺に遭わないために

このような詐欺にあうと本当にエネルギー取られちゃいますね。

せどらーとしては安易に価格に飛びつかないことが重要ですね。人気商品に自動価格ツールを設定している方は見直した方がいいかもしれません。

後、amazon刈り取りは要注意ですね。通常より安い値段だからとポンポン刈り取ってたら痛い目見ます。詐欺出品のアラームなんかが鳴り響いた日にはかなりのストレスでおかしくなっちゃいそうです笑笑

やはり安すぎる価格に安易に飛びつかないというのは必要です。安いのには何か理由があるので、まずはその理由を追いかけた方がいいです。昔は新規出品者で評価がなく中国人という分かりやすいプロフィールでしたが、現在はそうでもありません。

ある程度のプロフィールを作成することは普通に可能ですし、中華にする必要もないですしね。それに住所、氏名、電話番号を収集する目的なら普通の値段で売っても可能ですし、困りましたね。

アカウント乗っ取りも注意しときたいですね。アカウントをハッキングしてパスワードなんかを解析されると乗っ取られますから要注意です。6桁くらいだとほんの数秒で解析されるらしいですよ。最低10桁以上で大文字小文字、数字を混ぜた方が良さそうです。

最近じゃamazon側も2段階認証を取りれてきてますがどれほど効果があるのかはまだ不明ですから、パスワードを強化するのが一番安心できそうです。

自分が出品者で乗っ取られたアカウントで購入される事例も出てきています。

まとめ

だらだらと書いてきて思ったことですが、これ結構深刻じゃないですか。分かりやすい特徴があれば対策できますが、普通の値段で評価もそれなりだったら分かりませんもんね〜

とはいえ対策しないわけにはいかないので、まとめとして対策方法を考えてみましょう。

以下、対策

•安すぎる値段には飛びつかない
•人気商品には自動価格ツールを利用しない
•amazonパスワードを大文字小文字、数字を混ぜて60桁くらいにする笑
•もう自己出品者からは購入しない

こんな感じで、自分なりの対策を立てるのが今できることだと思います。あなたも自分なりのセキュリティってのは考えた方がいいですよ〜。

他に詐欺の情報出てきたら、逐一報告したいと思います。

amazon側もこのまま詐欺出品者に自由に動かれると迷惑ですから、何らかの対策をしてきます。それを注視しつつせどりましょ!

コメント