せどりの一番のストレスは資金繰りで間違いない

未分類

せどりに関わらずビジネスをやるときに資金繰りに苦しむことは一番のストレス源となります。


資金繰りとは掛け金のことです。

キャッシュフローなどとも呼ばれています。

例えば1月に、AメーカーがBメーカーから100万円の商品を仕入れするとします。

この時点でAには買い掛け金100万円、Bには売掛け金100万円が発生しています。支払いは2月です。

次にAメーカーが小売店Cに120万円で売りました。入金は3月です。

この時点でAメーカーは売り上げが決定しており、20万の利益が上がっています。

しかし、それは額面上のみの話です。

確かに利益は上がっていますが実際に利益が上がるのは買い掛け金100万円を払った後です。

もしも2月の段階で100万円の買い掛け金を払えないということになればAメーカーは倒産の危機に瀕します。

これが典型的な資金繰りの失敗です。

半沢直樹のドラマで

「来月には売り上げが上がってくるからもう少し待ってくれ!!」

とかいうのがあったような気がしますが、これは資金繰りの状況を表していたんですね

ドラマでは銀行マンが非情に切り捨てたりします。

銀行は金融の仲介機関でしかないので、このような態度を取る資格はないのですが、資金繰りに苦しくなるとこのような態度も容認してしまうということでしょう。

そんなことにならないように、事業をやるときは資金繰りというものをしっかり考えなくてはならないのです。

さっきはメーカーの話でしたが、個人でせどりをやるときも例外ではありません。

逆に個人だからこそ資金繰りの意識が低くて 自滅してしまうこともあるので注意しときましょう。

初心者せどらーほど資金繰りには気をつけて欲しい

なにより、最も資金繰りを意識して欲しいのは初心者せどらーです。

初心者のうちは右も左もわからずにやると思いますが、このときに無計画な仕入れをするべきではありません。

仕入れをするときは誰でも利益が出ると判断して行うのですが初心者のうちは判断基準が甘くなりがちです。

利益が出るならまだいいですが、赤字の商品を仕入れているなら目も当てられません。

さらに、利益が出る商品を仕入れたとしても売り上げが上がるタイミングも考えなくてはなりません。

例えば、あなたが5万円の仕入れをしたとしましょう。見込み利益は1万円です。

データも利益が出ることを示しています。

ですが、仕入れた商品は売れなければ意味がありません。

多くのせどらーが仕入れにはクレジットカードを利用しますが、その支払いは大体翌月ですよね

あなたがもしも一括で商品を仕入れた場合は翌月までに、少なくとも5万円分売り上げなければ支払いができなくなることになります。

もちろん最初から1ヶ月でペイするつもりで仕入れれば問題ありません。

ですが初心者で、加えて1人でやってる人の場合、歯止めが効かなくなることがあります。

平たく言えば「調子乗っちゃう」ってことです

私も最初は5万程度で様子見るかと思っていたにも関わらず仕入れ商品見つけたら次から次へと仕入れて、気づけば20万円も仕入れてたみたいなことはザラにありました。

店舗なら手数料無料で2分割などもできますが、電脳メインでやってましたんで大体一括購入です。

こうなると20万円分を1ヶ月で売らなければなりません。

この心理的圧迫は意外にクルものがあります。

元々5万円程度で試験的に仕入れたのですから当然です。

最初から覚悟を持ってやってる人はいいと思いますが、大体の人はせどりを副業として始めると思うので気をつけてもらいたいところです。

資金繰りに追われるのは無駄でしかない

資金繰りで苦しむことは本来ビジネスには何のプラスにもなりません。

というより、ビジネスの活動に資金繰りなんてものは本来入っていません。

ビジネスは相手に利益を与えてその対価としてお金をいただくことです。

それをやるのに資金がいるので資金繰りなんてものをしますが、本来ビジネスに金融屋が入り込む余地なんてないのです

本来の業務を進めることができずに資金繰りで心身を喪失してしまうのは非常に無駄な行為です。

これに金融屋などの第三者が絡むことであなたの人生は自分のものではなくなります。

このようなことにならないために必要なことを自分なりに考えてみました。

どうぞ、参考にしてください

資金繰りに苦しむ理由の1つに「計画性がない」ことが上げられます。

商品を仕入れる段階で

いつまでに売るか、どこで売るか、どの価格で売るか、もし売れない場合は赤字覚悟で売るのか、一旦商品を寝かすのか

などをしっかり意識して仕入れることをしなければ、不良在庫となり赤字決算をしなければならなくなります。

結果的に赤字となれば事業をたたまなければならなくなるのです

個人レベルで初心者の方は仕入れ資金に上限を設けることもオススメです。

仕入れ資金を5万までと決めて、まずはその5万円分を売り上げることに集中するのですね。

売り上げたなら結果を見てみます。

これで利益が出てるなら一応合格点です。

赤字なら改善点を探します。利益が出ていても利益率に不満がある場合も改善点を探します。

これが一番堅実で効果のある方法かなと思います。

5万程度ならどんなに赤字でも大局的には問題のない額です。アルバイトでもやってればペイできます。

なにより、資金繰りなどで金融屋から色々言われたりしないので自分のビジネスに集中できることが大きいです。

これはなによりも価値のあることだと思います。

また、どこかチームに属することもオススメです。

現在せどりの情報発信をやってる方はチームを作ってることが多いです。

そのチーム内で情報交換をすることで仕入れの効率を上げてるんですね。

この方法のいいところは良質な仕入れ情報が手に入ることです。

参加者も発言する以上は適当なことを言えませんからね

良質なラインチームならタイムライン上に商品の情報が飛び交います。

つまり、リサーチなしに利益が出る商品を知ることができるのです。

リサーチなしで利益が出るならこれほど楽なことはありませんね

また、チームに入ることで個人でやるときよりは不安感や思い込みなどが払拭されます。

チーム内で質問もできますからわからないことはどんどん質問しましょう。

主催者の教材などを買うことでチームに入ることができます。

相場は2万円前後なのでそれほど躊躇なく飛び込めるのも魅力です。仕入れに困ってる人は活用するのもいいかもしれません。

信頼できる人に借りることも有効です。

親や友達ならば金利を払わなくても借りることかできるかもしれません。

これを使わない手はありませんね。

ただし返済できないと大切なものを失うかもしれませんので、信頼は無くさないようにしたほうがいいです

最後の手段として、支払いに困ったら分割決済やリボ払いに変更しましょう。

ほとんどのクレジットカード会社は支払い月の20日くらいまでは変更を受け付けてます。

ただしこの方法は売掛け金が支払い月に間に合わない時や、他に収入が期待できる時じゃなければいけません。

他に当てもないならバイトをするのもアリです

以上、ザッと資金繰りについて書いてみました。

資金繰りはビジネスではないと思ってます

必要だからやりますが、ビジネスではないのであまり時間と労力をかけたくないところです。

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメント