せどりで使う!クレジットカードの審査を通りやすくする方法

クレジットカード

せどりにクレジットカードは必須だと思います。なぜかというと還元率というものがあるからです。

せどり クレジットカード

例えばあなたの持っているクレジットカードの還元率が1.0%だとします

 

そしてあなたが年間200万仕入れると、2万円の還元が受けられます

 

つまり2万円の不労所得を得られるわけです。

 

 

 

仮に現金や銀行振込で仕入れるとすると、不労所得の2万円は得ることができません。

 

 

それどころか手数料取られて大損します。

 

 

 

さらに本気で取り組んだら仕入れに600万とか普通につかいますから、クレジットカードを使わない手はありません。

 

 

せどりに関わらずクレジットカードは便利なので持っておいたほうがいいです。

 

 

フリーターや派遣社員でもクレジットカードの審査はとおるのか?

フリータ アルバイト 派遣社員 クレジットカード

 

クレジットカードの有用性はお分りいただけたかと思います。

でもクレジットカードほポンポン作ることができません。

 

 

クレジットカードの発行会社からすれば、きちんと返済能力のある方に利用してもらいたいからです
そこで全てのクレジットカード会社は審査を行ってます。

 

 

 

審査と聞くとハードルが高いと感じた方もいるかもしれませんが、安心してください。

 

 

クレジットカードの審査の基準はピンからキリまであるからです。

 

 

 

審査に厳しいカードもあれば、緩いカードもあります。社会的信用に不安がある方は緩いカードを選びましょう

 

 

クレジットカードを審査する機関

 

 

クレジットカードを申し込んだ際に発行会社があなたの返済能力の審査をします。

 

 

その際に参考にされるのが信用機関情報です。
個人信用機関に保存されており、過去の借り入れの額や債務不履行などの情報から総合的に返済能力を判断します

 

 

つまり「こいつは信用ある人間か」ということを見られるわけです

 

 

 

 

 

 
実は日本にある個人信用機関は3社しかありません。

 

 

  • JICC 消費者金融、クレジットカード会社など
  • CIC クレジットカード全般、リース会社、消費者金融など
  • JBA 銀行全般、信用金庫、信用保証など

 

 

 

それぞれで被ってるところはあるのですが、大まかにJICCが消費者金融、CICがクレジットカード会社、JBAが銀行の借り入れみたいな感じですかね

 

 

 

この3機関で互いに情報共有して個人の信用力を調査してるのです。

 

 

クレジットカードを申し込んだ際には必ずJICCとCICに登録されています。

 

 

 

審査のパスするしないに関わらず記録には残ってるのです。安易に嘘とか書かないようにしてくださいね^_^

 

 

 

クレジットカード会社で審査基準が違う理由

 

 

クレジットカード会社で審査する項目はほとんど変わりません

 

 

返済能力の有無を調べるだけですからチェックする項目は自ずと絞られてくるんです

 
例えば各会社の審査項目は大体次の通りです

  • 年齢
  • 職種
  • 勤続年数
  • 役職
  • 既婚の有無
  • 持ち家か賃貸か
  • 同居者の構成
  • 他社借入件数
  • 他社借入額

 

 

 

審査の項目はどのクレジットカード会社も大体同じです。

 

 

それでもクレジットカード会社ごとに審査の基準は全然違います

 

 

 

クレジットカード会社ごとに重視する項目が違うからです。

 

さらにカードの種類によっても重視する項目が違ってきます。

 

 

 

 

 

 

各クレジットカード、会社で重視する項目が違うから審査の基準の差異が出てくるんですね

 

 

 

 

 
例えば初心者カードとして有名な楽天カードには学生に特化したバージョンがあります。

 

 

これは主に親の資産に注目したもので、利用者の収入などは加味されてませんね

 

クレジットカード会社も加入してほしい

 

現在はIT化が進み、昔と違ってかなり便利な時代となりました。

これは決済手段にも大きく影響してます。

 

 

昔は決済といえば現金のみでした。

 

 

 

商品を購入して小銭を出して計算して〜

 

というようにジャラジャラとやってたわけです。

 

 
ですが、クレジットカードや電子マネーの登場でじゃらじゃらする必要がなくなったわけです

 

 

クレジットカードを使えばレジで小銭を出す手間もなく、数秒でお釣りもなく決済ができます。

 

 

 

PASMOを使えば一瞬で改札を抜けれます。これにより改札での渋滞が減りました。

 

 

 

こうなるともっとこの便利な決済手段を使いましょうってなりますよね
まれに計算するのが好きで小銭を使うって人もいるかもしれませんが、時間がたつほどに少なくなるのは目に見えてます。

 

 

 

カードや電子マネーしか使わない世代がいずれ出てきた時、わざわざ小銭を出す決済手段をとるとは考えづらいですからね

 

 

 

となると益々需要が高まるとされてるのがクレジットカードなどのIT決済手段です

 

 

 

こうなるとお分かりかと思いますが、クレジットカード会社としても自社のクレジットカードをより多くのユーザーに使って欲しいんです。

 

だから色々な種類のカードを作り、より多くのユーザーに使ってもらえるように戦略を練っています。

 

 

 

 

 

先述の楽天カードもそうです。

 

かつては資金力のある人が使うようなクレジットカードを収入のない学生にも使えるようにしたのはより多くの人に使ってもらえた方が利益が上がるからです

 

限度額を低めにし、延滞したら親から回収する戦略ですね

 

 

社会的信用のない人がクレジットカードを作る際に気をつけたいこと

フリータ アルバイト 派遣社員 クレジットカード

 

いくらクレジットカードをより多くの人に利用してほしいといっても

 

返済能力がない人や意思のない人には加入して欲しくありません

 

 

会社にとってマイナスですから

 

 

 

 

とはいえ、それでも信用力がなくても他で回収できると判断した場合はその限りではありません

 

 

つまり、もしあなたが信用できる肩書でなくとも総合的に利益が取れると判断されるた場合、カード会社はしっかりカードを発行します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事はフリーターや派遣社員、個人事業主の方に向けて書いています。

 

 

 

一般的に信用力がないと言われる肩書きですが、このような肩書きでもカードを発行できるようになってます

 

 

 
では、審査の際に注意する項目を見ていきましょうか。

 

 

ズバリ、ここです。

  • 職業
  • 持ち家
  • 居住形態
  • 借入の有無
  • 利用限度額
  • 過去の信用情報

職業は無職ではダメです。派遣社員でもフリーターでもいいんで書いときましょう。個人事業主なども有効です

 

持ち家や居住形態では、あなたが他に頼れる人がいるかを見ます。持ち家だと資産ですし、家族と住んでると回収手段も増えますからね。

 

 

借入の有無ではあなたの過去の借り入れ状況が重視されます。

借り入れていたらダメとかじゃなくてしっかり返していたら問題ないと思います。もちろん過去に返済してないと厳しくなるでしょう。
利用限度額は低く設定しときましょう。一番低いのは20万位で、大体のカードは50万くらいですのでそんなに問題にはならないかなぁと思います。

 

 

過去の信用情報は最も重視されるところかなぁと思います。返済の延滞を何回も繰り返したり債務不履行をしていたら当然発行したくないですよね。

 

 

もう1つだけ、新規カードはキャッシュの借入をしない、を選択した方が審査に通りやすくなります。

 

おすすめクレジットカード

最後に私が通りやすいと感じたクレジットカードを紹介しときます

楽天カード

yahoo japanカード

オリコカード

 

 

この3つは年会費無料で簡単に作ることができました。初心者に是非お勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、クレジットカードの審査に通りやすくする方法でした。
過去の信用情報に問題ない人は普通に通ると思います。

その際は発行してくれたカード会社を裏切るような行動はしないようにしましょう。

計画的に使用して、払えないようなら使わないようにしましょうね^_^

コメント