AmazonFBAマルチチャネルのススメ

Amazon

AmazonFBAマルチチャネルってご存知ですか?

簡単にいうとAmazonが発送を代行してくれるサービスです。


Amazonにセラーとして出品した場合に配送を代行してくれるのがAmazonFBA

これにマルチチャネルがついています

ここで言うマルチチャネルとは複数販路が可能であると言うことです。

住所指定でAmazon以外から売ることができる

AmazonFBAマルチチャネルではAmazonに商品を管理してもらいながら好きな住所に送ることができます。

つまりAmazon以外で売ることができるということです。

せどりでは販路を1つだけに絞るのは得策とは言えません

Amazon一本に絞った場合、規約変更によって収入が激減することもあるからです

つい最近もCD.DVDカテゴリの出品記載がありましたよね?

一方でFBA納品配送料無料などのサービスも始まりました

このような規約変更にも別の販路を持っておくことで落ち着いて対応することができますよね^_^

FBAマルチチャネルサービスのご紹介_2014.7 updated

Amazonの段ボールは使えない

普通Amazon発送の段ボールにはAmazonの文字が書いてあります

しかしマルチチャネルを利用した場合、ヤフオクで売ってる場合もあるわけです

そんな時にAmazonロゴの入った段ボールで発送されてしまうと購入者からのクレームに繋がります

ヤフオクで購入したのにAmazonから来られると不審に思いますよね

そこでやっていただきたいのが段ボールの無地化です

無地化にすることでAmazonからの発送という印象を和らげることができます

無地化の恩恵

無地化にするメリットとして配送先を固定することができることがあります

AmazonFBAを利用する場合、Amazonに納品しなければなりません。

この時、納品先を指定しなければAmazonに自動的に決められてしまいます。

自動で割り振られた納品先が自分の発送地から近ければ良いですが遠い場合は無駄な日数がかかってしまいます

このことから納品先の指定は必須であると言えますね^_^

無地化の恩恵はここにもあります。

段ボールを無地化にすると自動的に配送先が下記に固定されます

小田原FC(神奈川 FSZ1)、川島FC(埼玉 HND3)、大東FC(大阪 KIX2)、川越FC(埼玉 NRT5)

なんか少年サッカーチームみたいですね笑

先日のキャンペーンで無地化の波が来る

さて、話は変わりますが、先日AmazonはFBA納品配送料の無料キャンペーンを打ち出しました

これはセラーにとってとても魅力的なキャンペーンなのですが

その中の条件に

納品先指定の解除

が含まれています

つまり納品先を解除しないと配送料無料にできないよということです

この条件

なんと

無地化なら適用されません

Amazonに問い合わせてみても大丈夫でした。

今から無地化を指定しても、納品先を指定したこととはならずにキャンペーンの対象となるとのことでした

こうなると無地化を使わない手はありませんよね^_^

 

コメント