Amazon出品者制限には注意が必要

Amazon

Amazon出品者制限について詳しく書いていきます。

 

 

せどりを行う場合には販路を考えなくてはいけません。

 

 

 

 

売る場所ですね

 

 

 

 

 

 

 

Amazonで考えてみましょうか

 

 

 

ご存知の通りAmazonは世界トップのネットショッピングサイトです。

 

 

 

 

そのためにAmazonはせどらーにとって代表的な販路となります。

 

 

 

そこで考えなくてはいけないのがAmazonの出品者制限です。

 

 

 

せっかく仕入れたのに出品できないと困りますもんね

 
では今回はAmazonの出品者制限について詳しくみていきます。

 

 

 

Amazon出品者制限とは?

 

 

出品者制限とは、文字通りAmazonが自社のサイトで出品する人達を制限するということです。

 

 

 

これまではそこまで出品者制限はなかったのですが、

 

 

近年ではどんどん規約を変えていってます。

 

 

そしてそれはいつだって突然行われます

 

 

 

Amazon自体が世界を代表する企業ですから

自社のサイトの利便性を著しく害するような出品者を排除しようするのは当たり前かもしれません

 

 

 

 

が、しかしAmazonは何の前触れもなしに規約を変えたりするので驚いちゃいますよね笑

 

 

Amazon出品者制限のカテゴリ一覧

 

ではAmazonがどんなカテゴリに出品者制限をかけているのかみていきましょう

 

 

CD、DVD

これは最近変更されたカテゴリです。

 

 

今までは自由に販売できたのに売る側としては売りにくくなったと言えます。

 

 

どうやら海賊版の商品が往来した結果、Amazonが著作元のクレームに対応したようです。

 

著作権側からしたら自分たちの印税を持ってかれてるようなもんですからね

 

 

 

出品者制限の適用者は以下の通り

  • 新規アカウント
  • 過去12ヶ月、このカテゴリで販売していない出品者

 

 

 

新規アカウントの方は最初から出品者制限がかかっています
過去12ヶ月でCD、DVDを取り扱っていない出品者も新規アカウント扱いとなり出品者制限が適用されます

 

 

時計

時計といえばブランドものが思い浮かびます。とすると当然海賊版の偽物が往来するわけです

CD、DVDでさえ出品者制限になってるのですから当然と言えば当然です

 

他のカテゴリも同じような理由で出品者制限されてます

服&ファッション小物

シューズ&バッグ

ヘルス&ビューティ

コスメ

食品&飲料

ペット用品

 

同じような理由からでしょう

 

 

 

出品者制限の解除方法

 

 

ではでは、出品者制限の解除申請を行なっていきます

 

それぞれのカテゴリの申請条件はこちら

 

 

 

 

 

CD、DVD

 

現段階では具体的な解除方法は見つかっていません

 

 

しかも現段階で規約の変更は完了していないようです。

 

 

規約の変更より先に行動で示したのはあまりに急な感じがします

 

 

 

対応が早いと言えばそうなんですが、基本的にAmazonに出品させて貰ってる身なのであまり突っかかることはできません

 

 

 

出品者制限を厳格に行うことは間違いないようです

 

 

服&ファッション小物、シューズ&バッグ、ヘルス&ビューティ、コスメ、食品&飲料、ペット用品

 

 

申請自体はこちらから可能です。条件をクリアしたら早速申請してみましょう

 

後はAmazonの指示に従えば問題なく申請できると思います

 

おいおい詳しいやり方を載せていくつもりです

コメント