せどりの価格競争について、対策も考えましょ

未分類
せどりについて回る価格競争
その対策とは?

 

せどりの価格競争とは、出品している商品の価格を下げ合うことです

なぜそんなことをするのかと言うと、早く売りたいからですね
例えばあなたが1000円で仕入れた商品を2000円で売るとします。もちろん出品してるのは貴方だけではありません。Amazonなら個人も業者も入り乱れてますね。
そんな中で貴方より安い1800円で売ってる出品者がいました。商品の状態、評価共に同じくらいです。
となると購入者の目線は当然のごとく1800円の方に行きます。
これを見てまずいと思った貴方はすかさず値段を1700円まで下げます。
そうする今度は別の人が1600円まで下げてきます。
と、言う風にどんどん値段の下げあいを演じて全員で共倒れすることを価格競争と言います。

価格競争を考えなきゃいけない理由

価格競争をなぜ考えなければいけないかと言うと、売上利益の見積もりを正確にするためです
例えば、仕入れの際にモノレートで見ても回転率が良くて利益も十分取れる商品があったとしてもFBAに納品した途端に総値崩れが起きることがあります
値下げをしてライバルより早く売ろうとします。しかしこう言う場合の人間心理は少しでも多くの利益を確定させようと価格競争に追従する傾向にあります。
そうなると後はアレヨアレヨと値下げ合戦の始まりです。
FBAに納品したはいいものの価格はどんどん下がっていく。やばい!!早く売らなくちゃ!!
こんな心理で利益率とか関係なしに血みどろの価格戦争へと繰り出します。
この戦い、薄利でも利益が出ればいいですが、赤字になったら元も子もありません。赤字になったら意味がないです。もっと悪いことは赤字なのに手元にお金が残ったことに満足することですが・・・
このような状態にならないために価格競争についてはしっかり頭に入れて仕入れをすることをお勧めします

血みどろの価格競争が起きる理由

このような価格競争が起きる理由を考えて見ました。それは
  • 商売の意識がない人の増加
  • 参入障壁の低さ
  • セルフブランディング目的のせどらーの増加
です。
まず、せどり業界はとても参入障壁が低いです。
インターネットがない時代は実質店舗せどりだけになるので生半可な気持ちではできないと思いますが現在は副業感覚で気軽に行うことが可能です
そのためせどりを甘く見て商売の意識がない人が多くなりました。
そのため、とにかく少しでも売りたいので何でもかんでも最安値にしようとしたりすることで不毛な価格競争が起きるのだと思います。
また情報発信ビジネスで稼ごうとする人たちもいます。せどりの情報発信ビジネスでは実績は大きな武器となります。
◯ヶ月で月商300万円とかですね。
このような実績は大して稼げていないような人でも作ることができます。
情報ビジネスは全然オッケーなんですが、自分だけ儲ければいいという考え方は後々確実にバレますね

価格競争で業者と戦うな

価格競争が氾濫したらそこはもう血みどろの戦場です。
一旦その負の螺旋に入ったが最後、敵を切り続けなければ生き残れません
そしてそのような場合に気をつけなければならないのは
業者を避ける
 
いうことです
個人でせどりをやってる場合に考えて欲しいことがあります。
それは価格競争では個人は業者に歯が立ちません
もし勝負を挑もうものならコテンパンにやられます。
例えるなら戦車に歩兵で挑むようなもんです
個人が業者に勝てないのは、物量が違うからです
例えば貴方が業者と価格競争をした結果、最終的な利益額が、業者100円で貴方が150円だとしましょう。
なんか勝った気になりますか?
いやいや、全然勝ってません。
なぜなら業者は貴方の何倍もその商品を売ってるからです。
1つの商品利益の幅で買っていても総利益で負けてるんです。
それに、価格競争で本来見据えていた利益も減っており、精神的にも削られています。
そのような状況なので負けたなんて思いたくないと思いますが、実際にはボロ負けです。
 例えて言えば、マシンガンで球は多く当てたけど、戦車の大砲一撃で木っ端微塵にされたような感じです。
このように物量では業者に全く叶いません。
無謀な価格競争は身を滅ぼすのでやめておいた方が無難でしょう

価格競争、その対策は?

では価格競争に陥った場合の対策を考えて見ましょう。考えられるのは
  • 独自の付加価値をつける
  • 価格競争が落ち着くまで置いておく
  • 価格競争に陥らない商品を見つける
  • 販路を変える
でしょうか
個人が業者に勝ってる点は意外にも扱う商品数が少ないところです。
価格競争の面では敗因だった短所を逆手にとって長所とすることもできます
業者は物量が多いです。そのため価格競争では勝てません。
しかしそのために1つ1つの商品に気を配って入られません。
個人が狙うのはそこです。
業者が1つ1つの商品に気を配れないなら、個人は逆に気を配って業者が対応できないサービスで勝負します
具体的には商品説明などですね。
業者の場合は完全テンプレートですが、個人の場合は書き方によっては業者より信頼感や親近感を与えることも可能です。
業者の場合、細かな商品説明はできていないことが多いです。
そこで、付属品の有無や傷の有無などの詳細を書くことで強固な信頼感を与えることもできます。
商品の詳細を伝えるために写真にも気を使った方がいいです。
あらゆる角度から撮影した写真を載せておくだけでテキストだけの時とは別格の信頼感を与えることができます

価格競争が落ち着くまで置いておく

そもそも価格競争に参加しない手もありです。勝てない戦はしないに限ります。
それに相場というのは下がり続けることはなかなかありません。
下がったぶんだけ反動で戻ってきたりすることもあります。
反動で上がったところで売り切りを狙うことだって立派な戦略です

価格競争に陥らない商品を狙う

さまさま価格競争に陥らない商品があるのでしょうか?
基本的に高回転で利益の出る商品で価格競争に陥らないものはほとんどないと思います。
ですので、せどりを行う際は基本的に価格競争が起こる前提で仕入れ、薄利多売を目指すのがセオリーかなとは思います。
そらくらいないので、せどりを行う場合は価格競争に目を光らせておかないといけないわけですね
とは言え、プレミア商品などは価格競争は起こりにくいです。
でもプレミア商品を見つけることが難しいですね
予約転売は例外で、価格競争に陥るどころか価格が上がっていきます。
予約転売というのは、Amazonの予約時点で完売となるような人気商品を仕入れて購入できなかった人に高値で売る手法です。
この場合は高回転で高利益が出ますね(ビジネスかどうかは別にして)

販路を変える

販路を変えるのも手です。
Amazonで価格競争が起こったならヤフオクやメルカリなんかに移動して利益を取りに行く
猫ひろしさんが日本ではマラソンの選手になれないからカンボジアに行きましたよね。
あんな感じです(違うかな?)
販路を変えることで想定した以上の利益を取れることもあります
以上、せどりにおいて切っても切り離しさせない価格競争のお話でした

コメント