せどりの仕組みは実にシンプル。商売の基本です

未分類

どーも、taddyです。

せどりの仕組みを教えます

せどりの仕組みとは??

出典papaguma

せどりは商売の基本とよく言われているビジネスです。そしてせどりの方法は
  • 商品を安く仕入れる
  • 商品を売る
の2つだけです。
そしてせどり初心者の方にとって大きな障壁となるのが1の仕入れです。
2の商品を売るというのは比較的簡単です。Amazonやヤフオクなど勝手に集客してくれ、売れる商品なら勝手に売れていくインフラが整っています。
そういうわけで最も力を入れるべきなのが1の仕入れな訳です。
せどり仕入れは2パターン
せどりの仕入れほ主に2つのパターンが考えられます
  1. 売れる商品を覚えて仕入れに行く
  2. 既に売られている商品から売れる商品を探す
1の売れる商品を覚えてから仕入れる方法は初心者の方にはお勧めできません。
というのも、そもそもとして初心者は売れる商品というものがなんなのかがよく分かってない場合が多いからです。
そんな状態で行っても続かないでしょうし、運良く見つけたとしても実際に店舗に陳列されてるかはわかりません。
必死でリサーチしてやっと見つけた商品が店舗にないというのは思いの外ダメージがでかく、せどりを嫌いになってしまう原因にもなります。
それを補完するのがいわゆる目利きと呼ばれるものです。長年のせどりの経験で売れる商品が頭にインプットされており、売れる商品が即座に出てきます。
しかし初心者には目利きを磨く経験がありません。
こういった理由で1の売れる商品を覚えてから仕入れに行く方法は初心者せどりにはお勧めできません
とすると初心者の方が現実的にせどりを行うには、2の実際に売られている中から売れる商品を見つけるということになります。
実際に売られているならば売れる商品を見つけた時に少なくとも『店舗にない』という状態は避けられます。
そこで必要になるのが『作業の効率化』です。
あなたは無数の商品の中から1つずつリサーチしていくと思います。そしてそれは結構重労働です。
20個くらいまでならノリでやってけますが、それ以上ともなると大変です。さらに一個も売れる商品が見つからなかったとしたらもう最悪です。友達と遊んでたほうがよかったと思うこと請け合いです。
そんなことにならないために『検索ツール』というものを使いましょう。
検索ツールを使うことで膨大な商品の中から効率的に売れる商品を見つけ出すことができるようになります。

コメント